痛くないパンプスってあるの?|素敵なパンプスを通販で買って女子力を上げる

通販で大人気のパンプスのメリットとトラブル回避法

PUMPS.com

PUMPS.com

パンプスとハイヒールの違い!

ヒールは履けないけど、パンプスなら大丈夫なんて女性も多くいらっしゃいます。その大丈夫な理由というのはヒールの高さです。一般的に約6センチ以上ならハイヒール、6センチ未満ならパンプスと言われています。その高さはとても重要なので選ぶ時には気をつけましょう。

パンプスを履く機会が多い場面って?

【できる女に見られる】仕事の時!

パンプスの魅力はたくさんあります。その中でも「できる女に見える」効果があるので、仕事中でも抜かりなくアナタの魅力を際立たせることができるでしょう。今のパンプスには走れるパンプスなんてのも出ているので、機能性も今までよりアップしているので仕事に支障がでません。

【魅力が増す】プライベート!

多くのデザインがあり、色も豊富なパンプスはプライベートでも大活躍です。パンプスの魅力で「脚長効果」や「良いスタイルに見える」など見た目の効果がバツグンです。また、女性らしさを引き立てる役割もあるので、勝負靴としてパンプスは欠かせません。

【大人のマナーとして】冠婚葬祭

大人になるにつれ、冠婚葬祭に参加する機会が多くなります。そのため、フォーマルな格好は大人のマナーとされているので落ち着いたデザインのパンプスは人気です。プライベートであっても、落ち着いた色のパンプスはマナーが重要視されるような場所で活躍します。

痛くないパンプスってあるの?

パンプス

パンプスで多いトラブル!

パンプスを履いている女性の皆様がほとんど経験しているトラブルといえば「靴ズレ」「10分も歩くのが苦痛」「履き替える」そういったトラブルが多いです。皮膚と靴の間に摩擦が生じて、皮膚がスレて血がでるケースや、サイズが合っていないために歩きにくさが生まれて短時間も歩けない、疲れるからスニーカー履いて出勤して職場で履き替えるそういった声はかなりたくさんあります。なので、ちゃんとしたパンプスを選ばないとトラブルの元になります。

そもそもサイズが間違っている!

多くの場合がサイズが合っていないから靴ずれしたり、パカッとパンプスが抜けたりします。どうしても欲しいパンプスにぴったりなサイズがなくて、小さくても、大きくても我慢して履いている方は要注意なのです。ブカブカのパンプスを履いていると重心が悪くなり、足先に大きな負担を掛けてしまいます。ピッタリすぎると靴ずれや外反母趾や浮き指になることも数多くあるでしょう。無理をしてサイズの合わないパンプスを履くことで、結果的に自分からトラブルを招いているのです。特に通販で購入する時はサイズ選びは慎重にした方がいいでしょう。サイズ欄は要チェックなのです。

ピッタリのパンプスを選んだ時に起きる身体の変化!

では、実際にピッタリとジャストフィットしたパンプスの方が良いのか?その答えはイエスです。自分にしっかりあったパンプスなら身体に大きなメリットを与えてくれます。その効果は色々ありますが、特に良いとされる効果が2つです。「ヒップが引き締まる」「足首やふくらはぎがキュッとなる」でしょう。特に下半身ダイエットを行なっている方、今の体型を維持したいのであれば、しっかりとサイズの合ったものを選びましょう。

歩き方を変えることでトラブルも解消。

パンプスをちゃんと自分に合ったものにしたら、プラスな効果が生まれますが、その効果をもっとプラスにするためには歩き方にも工夫をしましょう。歩き方の基本としては「頭の位置を高く、背筋を伸ばして胸を張る」「目線は遠く」「つま先とソールが一緒に地面に着くように心がける」この3つを守ればキレイなウォーキングになり、パンプスのプラス効果をさらにプラスにすることができます。また身体の軸を鍛えることもできるので、外見も体内からも健康体になれるのです。

広告募集中